ヘモグロビンA1cを下げる

ヘモグロビンA1cを下げるには

ヘモグロビンA1cは、赤血球に含まれるたんぱく質であるヘモグロビンと血糖がくっついた状態のものを言います。健康診断で血液検査を行うと、ヘモグロビンA1cの数値が表示されることがあります。この物質は、メタボリック症候群や糖尿病などの病気を発見、判断する時にも重要となるものです。ヘモグロビンA1cの正常値は5.8から6.2パーセントと言われています。この数値を超えると、メタボリック症候群や糖尿病のリスクが高くなるおそれがあります。
ヘモグロビンA1cの数値を下げるには、日常生活で摂取する食事が大切です。例えば、チョコレートなどの甘いお菓子や、栄養の偏った食事を長期間摂取し続けていると、数値が高くなる傾向になります。改善方法として、パン食だったものを和食中心に切り替えたり、魚や野菜を意識して摂取することが大切です。
その他には、適度な運動が大切です。汗を少しかく程度の運動を毎日続けることで、体質改善にも繋がります。

ヘモグロビンA1cの数値を下げる方法

ヘモグロビンA1cは、体内の余分なブドウ糖と赤血球のタンパク質であるヘモグロビンが結合したものです。ヘモグロビンA1cは糖尿病の発症と密接な関係があり、糖尿病の治療では、ヘモグロビンA1cの数値を下げることが最も重要なことになります。
ヘモグロビンA1cの数値を下げるには、インスリンなどの薬物の投与が行われますが、食事療法やサプリメントの摂取によっても、数値を下げることが期待できます。
特にサプリメントはインスリンなどの薬物と同時に摂取しても問題はありませんし、外出先でも摂取することができますので、糖尿病の治療に大いに役に立ちます
ヘモグロビンA1cの数値を下げて、糖尿病の治療に効果が期待できるサプリメントとしては、菊芋の有効成分を含んだサプリメントがあります。菊芋は昔から血糖値を下げる効果があることが知られており、漢方薬の原料としても使用されていました。菊芋のサプリメントは天然由来の成分ですので、安心して摂取することができます。

ヘモグロビンA1cを下げるコツ

糖尿病診断で重要な血糖値に関わる、ヘモグロビンA1cという値があります。この値が高いと糖尿病の活動が高いということになります。ヘモグロビンA1cを下げるには、毎日の食事のコントロールが大切になってきます。
そのコントロールで取り組みやすい食事療法は、糖質の摂取を制限する食事療法です。簡単に言えば、三度の食事から、糖質を多く含んだ食材を排除する、または減らすという方法になります。食材によって含む糖の値がそれぞれ異なりますが、よく上げられるものに、白米やパンなどがあります。またにんじんやカボチャなどの野菜も、糖質を多く含む食材です。
これらを減らすことがヘモグロビンA1cを下げるコツになります。始めから一気に減らすと、後でもっと食べたくなる、いわゆるリバウンドが起こる恐れもありますので、無理のないゆるやかな糖質制限を目指しましょう。例えば、大き目の茶碗に一杯食べていた白米を、小さい茶碗に変えて軽めの一杯にするなどです。上手に制限して、食べる楽しみも味わいながら病気と付き合いましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ